スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は函館を出ていない

昔、俺は、リタイアしたら生まれた町の函館に戻って住んでみたいなあと思ってました。
そしたら、ブラジルに格闘技の修行に出た事も、欧州で作家やってた事も、実は全部夢オチで、
生まれた時から一度も函館を出て無いという錯覚を感じる事が出来そうな気がしました。
そんでその錯覚は、けっこういい気分なんではないかと想像しました。

なんか中国の話にあったよね。
峠の食堂かなんかでコンジーが出来るまでの間、昼寝して人生一生の夢を見るって話。
水木しげるの漫画にも、東京でサラリーマンになりたいと思ってる田舎の百姓の息子が、
道中野宿して悲惨なサラリーマン人生の夢を見て、東京行くのやめて帰って来る話がありました。

でも日本はどんどんダメな方に行って、住めない国になってしまって、
おれの儚い夢は消え去ってしまったのでありました...

...と思ってたら、
今回、日本のネットを見るのを一切やめたら、
今住んでるこの街が函館に見えて来ました。
函館は元々西洋風の作りの街ですが、
時代の変化につれて、もっと国際化が進んで、
住んでる人が西洋人ばっかになりました。
公用語もフランス語になりました。
景気も良く成って人口も増え、大きな街になりました。
港の汽笛の音とか世界規格なので、
夜、ベッドで聞こえて来る港の音が
子供の頃、函館で聞いてた音と全く同じで、
本当に函館を出てないで、そのままずーっと住んでる錯覚に落ち入ります。
パラレルワールドの、別の函館に住んでるようなもんですね。

なんかひょんな事から、諦めてた夢が叶ってしまいました。
プロフィール

こども秘密クラブ

Author:こども秘密クラブ
mangaicin.png
カルト集団
こども秘密クラブの本部です

現在閲覧中の読者: 10181 名様

にほんブログ村 小学生日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小学生日記ブログ 小学生 不登校へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小学生日記ブログ 小学生 好きなことへ
にほんブログ村

mangaicin.png







mangaicin.png



最新記事
月別アーカイブ
アルバム
thumb1.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。