スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校の二階屋上の思い出とパラレルワールド

高校の三年間、休み時間は、二階屋上という所でタムロってました。
ただタバコ吸ってウダウダしてたり、時々缶蹴りが流行ったりとかです。
高校は港を見下ろす丘の上にあって、景色は良かったですが、
俺、近所だから小学校も中学も同じような景色だったから
まあ別にあんまりありがたみは感じてませんでした。
二階屋上にタムロってたのは、各学年から数人づつ、クラスもバラバラです。

okujo.jpg

こないだ、高校の同級生でミラノで歯医者やってる人に
卒業以来初めて会ったのね。
高校時代の思い出話に花が咲きましたが
彼女の一番強烈な思い出は二階屋上だそうです。
彼女は、毎休み時間に、三階屋上の淵に立って、
二階屋上で遊ぶ俺等を眺めていたんだそうです。(ぜんぜん知らんかった)
もう楽しそうで、自分も仲間に入りたくて、羨ましくて死にそうだったんだそうです。

したら仲間に入れば良かったじゃんと言ったら、
なーにをおっしゃる銀次さん、とーんでもない
二階屋上はリア充グループのメンバー以外は立ち入る事さえ許されて無かったと言います。
あのね、うち等の高校にはリア充グループなんて物は存在してませんでしたし、
メンバー以外立ち入り禁止なんて決まりも在るわけがありません。

現実というものは、ただ一つの物で、誰から見ても同じ物だと思いがちだけど、
実は生き物の数だけというか意識の数だけ現実という物が在って、
彼女の現実には、リア充グループもメンバー以外立ち入り禁止のルールもしっかり存在していたのでしょう。
そういや、高校を卒業すると同時に、在学中に俺等の着てたような服を着て、俺等のしてたような髪型に変えて、俺等の喋ってた言葉を真似て喋るようになった奴らが居たんだよね。
なんなんだこいつら意味不明だなと思ってたけど、
今考えるとおそらく、俺等みたいな服装や行動がしたかったけど、こいつらの現実には、リア充グループのメンバー以外はしてはいけないというルールが存在してたんでしょう。
プロフィール

こども秘密クラブ

Author:こども秘密クラブ
mangaicin.png
カルト集団
こども秘密クラブの本部です

現在閲覧中の読者: 10181 名様

にほんブログ村 小学生日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小学生日記ブログ 小学生 不登校へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小学生日記ブログ 小学生 好きなことへ
にほんブログ村

mangaicin.png







mangaicin.png



最新記事
月別アーカイブ
アルバム
thumb1.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。